スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利事件 dna

2009-06-05

先日、足利事件をめぐるDNA鑑定で、殺害された女児の衣服に付着していた体液が受刑...

先日、足利事件をめぐるDNA鑑定で、殺害された女児の衣服に付着していた体液が受刑者のDNAと一致しないことがわかりました。この事件をめぐっては、受刑者の無期懲役が確定しているわけですが、事件当時に実施されたDNA鑑定はまだそれほど科学的な進歩もしていませんでした。しかし、今回実施された最新のDNA鑑定では当時の結果を覆す結果つまり不一致となりました。裁判所(東京高裁)が異例の再鑑定を命じる決定を下して、こうした結果が出ました。まだ再審が開始されるかはわかりませんが、この鑑定結果で冤罪の疑惑がより一層濃くなったと思います。しかし、再鑑定の実施を命令した裁判所は、結局のところ鑑定結果の書面を読んで再審を開始するかどうかを決めるわけですよね?私はよくこう思うんです。どうして再鑑定を命令した裁判所(裁判官)は、検察と弁護側のそれぞれが推薦した鑑定人のところまで直接出向き、現場で自分の目で「再鑑定の不一致」という確認をしなかったのでしょうか?そもそも裁判所が「異例」の再鑑定を命じているわけですからこのような姿勢を見せてもよかったと思うのですが、なぜこうしたかたちを裁判所は採らないのでしょうか?やっぱり裁判官は検察の目を気にしたり、自分たちが下した判決(無期懲役)に誤りがあることを認めたくないという真意が働いているのでしょうか?(続きを読む)



足利事件:「当時は精いっぱいの捜査」佐藤公安委員長

‎40 分前‎
「足利事件」で東京高検が菅家利和さん(62)を釈放したことを受け、佐藤勉国家公安委員長は5日の閣議後会見で「当時としては精いっぱいの捜査をした結果、ああいうことになったが、あってはならないことで厳粛かつ重く受け止めている」と述べた。(続きを読む)



足利事件「慎重に判断した」 担当元裁判官

‎18 時間前‎
足利事件で無期懲役がいったんは確定した菅家利和さん(62)が釈放され、再審開始が決定される見通しになったことについて、有罪とした判決や決定に関与した元裁判官は4日、取材に対し「慎重に判断した結果だった」などと話した。 2000年に上告を棄却した元最高 ...(続きを読む)




足利事件の菅家氏釈放、警察と検察は猛省が必要

足利事件の菅家氏釈放、警察と検察は猛省が必要 1990年に栃木県足利市で、当時4歳の女児が誘拐・殺害された「足利事件」で無期 懲役が確定して服役していた菅家氏が、4日午後に千葉刑務所から釈放されました。 当時は、女児のシャツから検出され ...(続きを読む)


思い込み捜査の典型、足利事件

今日の新聞テレビでいっせいに報道されていたが、足利事件として知られている幼児暴行殺害事件の犯人として無期懲役刑にすでに処せられていた人が、DNA鑑定の不備から、ほぼ無実だとの断定を受け、釈放された。17年半にわたって、幼児暴行殺人犯 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
プロフィール

みーちょんぽん

Author:みーちょんぽん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。